3:セーリング

第3章 セーリング

3:セーリング

アーリー・ポート・ドロップ【early port drop】

風下マーク回航における、スピネーカー回収パターンのひとつ。スターボード・タックでアプローチし、早め(early)に左舷側にスピネーカーを降ろしてから、ジャイビングしてマークを回る。
3:セーリング

アール・アール・エス【RRS】

セーリング競技規則(Racing Rules of Sailing)。ワールド・セーリング(国際セーリング連盟)が定めた、セーリング競技に関するルール。レース中のヨットが海面で行き合った場合の規定のほか、推進方法など基本的なルールが決めら...
3:セーリング

アール・オー・アール・シー【RORC】

英国王立外洋帆走クラブ(Royal Ocean Racing Club)。著名な「アドミラルズ・カップ」を開催するほか、世界的なレーティング・ルールであるIRCを制定している。
3:セーリング

アイ【I】

マストのデッキレベルから、フォアステイのマスト接合部までの垂直距離。特に上端をアイ・ポイントという。セールを展開できるエリアのを計算するうえでの要素の一つ。 デッキレベルとあっさりと書いたが、実際はデッキにはキャ...
3:セーリング

アイ・アール・シー【IRC】

英国のRORCとフランスのUNCLが管理するハンディキャップルール。前身はCHS(チャンネルハンディキャップ)。1999年に導入され世界各国で使われている。現在の日本のメイン・レーティング・システムでもある。
3:セーリング

アイ・エム・エス【IMS】

International Measurement System。さまざまなデータと計測を基にヨットの性能を評価するシステム。発祥は米国で、ORC(外洋レース評議会)で統括されている。
3:セーリング

アイ・オー・アール【IOR】

International Offshore Rule。ORCが主管するIMS以前のグランプリレース用レーティング・ルール。一世を風靡したグランプリ規格だが、レース艇が過激に進化したために衰退し、1990年代に廃止された。 ...
3:セーリング

アイききそく【I旗規則】

I旗規則(I Flag Rule)で定められたレーススタート時のルールの1つ。I旗が掲揚された場合、早すぎたスタートを解消するためにはスタートラインのエンドを回り込まなくてはならない、というもの。 ...
3:セーリング

アイサフ【ISAF】

国際セーリング連盟(International Sailing Fedaration)の略。2015年に改名しWorld Sailingとなった。
3:セーリング

アップウインド【up-wind】

風上にある目的地に向けてタッキングを繰り返しながら進むこと。そのコース。ビーティングともいう。日本語なら風上航、真上り(まのぼり)。つめ、とも。
タイトルとURLをコピーしました